ネットワークビジネスが会社員の副業に向いとるっってことは、結構みんな納得してくれるったいね。けど、みんな「ネットワークビジネスって本当に儲かると?」って疑問に思う人は多か。

 

まぁ、その気持ちもわかるよね。

 

だって、有名なコンビニとかなら、みんな知っとるし、商品が売れるのもイメージつくけど、ネットワークビジネスの会社って無名なとこがほとんどたい。もちろん、ネットワークビジネスの会社でも有名なところもあるけど、そがんとこばっかりじゃなかし。

 

そがん知名度の低か中で商品ば売っていくとってきつそうよね。

 

けど、よーく調べてみたら、そうでもなからしか。ネットワークビジネスの商品ってみんなが思っとるよりも需要のあるとよ。

 

今回は、他の業種と比べてみて、ネットワークビジネスの可能性ば書いてみる。

 

ネットワークビジネスの日本における市場規模ってどれくらいか知っとる?ネットワークビジネス会社の平均売り上げって1兆円くらいあるらしかよ。

 

たとえば、「アムウェイ」って聞いたことあるやろ。あれって日本のネットワークビジネス会社の代表みたいなもんとけど、あれの年間平均売上げは1000億円くらいらしか。

 

他にも、「ミキプルーン」って聞いたことなか?あのミキプルーンば販売しとる会社も「三基商事」っていうネットワークビジネス会社とけど、あそこも700億円くらいの売上げのあるとって。

 

やばかよね。1000億円とか700億円とかって想像つかんよね。けど、日本でもこれくらい需要があるってことはなんとなくイメージつくかねーって思う。

 

そもそも、ネットワークビジネスで売られる商品って、サプリメントとか健康食品とか化粧品とか、結構みんなが日常的に使うやつが多かっさね。まぁサプリメントは日本ではアメリカほど流行っとらんけど、健康食品は定期的に買いよる人多かよね。

 

あと、女の人なら化粧品ば使いよらん人ってほとんどおらんと思うったいね。

 

まぁおいは男やけんようわからんけど、聞いたら化粧品ってめっちゃ高いやん?女の人ってそいば毎月のごと買わんばとやろ?めっちゃ大変。

 

ネットワークビジネス会社って、化粧品ば売りよるところの多かっさね。あなたも、知らんうちにネットワークビジネス会社の化粧品ば使いよるかもしれんよ。

 

しかも、日本って高齢化の進みよるけん、サプリメントとかの需要も増えよるったいね。ほら、ひざの痛みに効く「ヒアルロン酸」とか「コンドロイチン」とかって飲みよる人多かやろ?ネットワークビジネス会社は、あがん感じのサプリメントとか健康食品ば扱いよるとよ。

 

だけん、まぁネットワークビジネスって需要がないどころか、めっちゃ需要のあるとが現状みたい。しかも、今後がどんどん広がっていくことが期待できるらしか。

 

じゃあ他の業界とネットワークビジネス業界ば比べたらどがんかってことも気になるよね。

 

とりあえず、一回ネットワークビジネス会社の事業規模ば有名どころだけまとめてみるけん。

 

日本アムウェイ:1000億円

三基商事:700億円

フォーデイズ:400億円

ニュースキンジャパン:350億円

アシュラン:270億円

ジャルレ:190億円

 

なんか、ネットワークビジネス会社って意外と聞いたことある名前の多かやろ。で、しかも結構事業規模も大きかったいね。

 

じゃあ、他の業界はどがんかっていうと、下にまとめてみる。

 

ディーエイチシー:1000億円

吉野家:950億円

東急ハンズ:880億円

日本サブウェイ:200億円

わかさ生活(ブルーベリーアイ):180億円

 

この辺りならみんな知っとるやろ?見て、日本アムウェイって牛丼の全国チェーンで有名な吉野家よりも事業規模大きかとよ。しかも、年々、日本での売上げも上がってきよるけん、後数年したら抜くやろうね。

 

で、ネットワークビジネスっていうと、会社はもちろんやけど、訪問販売と通信販売とかと比べられるったいね。

 

ネットワークビジネスの販売方法はどっちでもなかとけど、どうしても比べられるみたい。

 

けど普通に考えて、今って通信販売とか訪問販売って少なくなりよるよね。昔みたいに家に来てから布団ば売りよる人って多くなかやろ?雑誌の通信販売も昔ほどなかよね。

 

まだまだ、ネットワークビジネスと比べると、訪問販売とか通信販売の方が売上げ自体は多いみたいやけど、時代の流れば考えたら、今後はネットワークビジネスが逆転すると思う。というか絶対逆転する。

 

だって、今の時代に「ピンポーン」「○○という会社で××という化粧品を販売しているんですが…」って家に来られても買わんでしょ。

 

まぁ、こがん感じでネットワークビジネスって他の業界と比べてもそん色ないどころか、将来性ば考えたら、ネットワークビジネスの方が希望のあるったいね。

 

だけん、あんまり「ネットワークビジネスって需要あると?」って心配は要らんごたよ。

 

自分の頑張り次第では、そこらへんの大企業よりも売れるようになると思う。こがんやってみると、ネットワークビジネスのやる気もどんどん高まってくるよね。


Copyright(c) 副業ネットワークビジネスで稼ぐまでの道. All Rights Reserved